株式会社エムテック

阿部哲也(株式会社システムコネクト)のエージェンシーセキュアは返金できるの?

阿部哲也(株式会社システムコネクト)のエージェンシーセキュアは返金出来るのでしょうか。

今回はこちらの件について調べてみましたので気になる方は是非最後までご覧ください。

阿部哲也(株式会社システムコネクト)のエージェンシーセキュアが返金できる可能性はあるのか?

阿部哲也(株式会社システムコネクト)のエージェンシーセキュアですが果たして返金は可能なのでしょうか。

一般的にネットビジネスというのは返金できないイメージがあります。

何故ならクーリングオフ制度の対象になっていないからです。

クーリングオフ制度とは?

契約の申し込みもしくは契約の締結を行てしまっても一定の期間内なら契約を再考や無条件で契約の申し込みを撤回、解除出来るのがクーリングオフ制度

この制度は通信販売という商品には該当しません。

実はネットビジネスというのは通信販売に属するので基本的にはクーリングオフが出来ません。

クーリングオフ制度の対象外となってしまう理由としては「自我を持って調べてサービスを受けている以上自分が納得して購入しているため」です。

自分で商品を検索しサービスを受けたり購入しているので販売側としても落ち度が無い状態で返金をすることができません。

結論

ネットビジネスは通信販売なのでクーリングオフ制度の対象外!したがって通常であれば返金は出来ないと思った方が良い!!

阿部哲也(株式会社システムコネクト)のエージェンシーセキュアで返金する方法は無いのか?

先ほど結論として通信販売は返金が出来ない可能性が高いと説明しましたが、本当に返金する方法は無いのでしょうか。

実は返金が出来る可能性がゼロという事ではありません。

もしかするとこの方法を使う事で返金が出来るかもしれないという方法を教えます。

自分で交渉し直談判する

この方法が正直一番確率が高いと思います。

一般的には消費者センターや弁護士という方法を使い返金するという方法もあるとネットにはあります。

しかし、それも100%ではありません。

まず消費者センターは法的拘束力がないので業者に電話して返金の胸を伝えることしかできません。

なので必ずしも返金されるわけではありません。

それどころか「騙されるあなたが悪い!」「本当に稼げると思ったの?」といった心無い言葉をかけられるケースもあります。

知恵袋などで調べるとこのように消費者センターの職員の言葉で傷ついたという情報もあります。

精神的な苦痛をさらに受けてしまう可能性があるので個人的にはおすすめできません。

次に弁護士に依頼するという方法ですがこちらも個人的にはあまりお勧めできません。

何故なら弁護士は引き受ける仕事を自分で受けることが出来るので断られてしまう可能性があるからです。

そうなると引き受けてくれる弁護士を見つけるのにかなり時間がかかります。

どんどん返金される期間が延びてしまう事も考えられます。

その他にも費用倒れといって請求金額以上に弁護し依頼費用が掛かってしまう可能性があります。

そうなってしまうと余計にお金を失ってしまう場合があるのでおすすめできません。

これらの理由から消費者センターや弁護士に相談するよりも運営に直談判し返金をしてもらえないか交渉するのがベストだと思います。

当然のことですが契約時の情報、やり取りなどは自分しか知らないものになるので自分が直接交渉した方が解決までの時間もはるかに速いです。

仮に満額返金できなくても戻ってくる可能性が高まるなら直接交渉の方が良いでしょう。

このような方法で万が一返金してほしいという事態になった場合は対応するのが得策だと思います。

エージェンシーセキュアで返金するような事態にはならないと思うが覚えておくと便利!

以上が返金についての情報になります。

基本的には返金するような事態にはならないと思いますが、万が一返金をしなくてはいけなくなった場合は上記の方法を活用してみてください。

例えば以下のような場合は返金を申し出ても仕方ないので運営に相談するのが良いでしょう。

  • 初めて1週間後に副業が会社にバレて解雇か副業を辞めるか選べと言われた
  • スタートしてすぐに事故に遭ってしまいとても作業が出来るような状況にない

こういったケースは非常に稀なのでほとんどの人は当てはまらないと思いますが返金できないか確認してみる価値はあると思います。

繰り返しになりますが基本的には返金を求めるようなことにはならないと思いますので作業をしっかりと行い稼いでください。