FIT(フィット)

FIT(フィット)は怪しい?怪しいビジネスの特徴や見分け方とは?

ネットビジネスに悪いイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

確かに怪しいビジネスはあります。

ただ、それはどのようなジャンルのものにも言えるでしょう。

怪しいか怪しくないかを見極めて正しい方を選ぶことが出来れば極論問題はありません。

ですが、それを見分けるための方法を知らない方も多いのでこの記事ではまず『FIT(フィット)が怪しいのか』というテーマと『怪しいビジネスの特徴と見分け方』という2点について詳しく説明してきます。

まずはFIT(フィット)が怪しいビジネスなのか見ていきましょう。

その前にFIT(フィット)についてあまり良く分からないという方は下記から詳細をご覧ください。

FIT(フィット)について

FIT(フィット)は詐欺なのか?ネット上の意見を鵜呑みにするのは危ない?!

FIT(フィット)というビジネスは怪しいのでしょうか。

調べてみましたがまず、怪しいという根拠がよくわからないというのが正直なところです。

怪しいというのはとても抽象的な表現になります。

具体的にどういった部分が怪しいのか提示してもらった方が分かりやすいのですが、今回のFIT(フィット)については怪しいという具体的な理由やポイントが納得できるものではありませんでした。

色々な意見があっても良いと思いますが、結局は自分が納得できるのかという部分が非常に重要です。

人間ですから自分に合う合わないというのあります。

ネットビジネスでもそれは存在します。

人が変われば感じ方が違うので一概には言えませんが、それでも怪しいという根拠が薄く納得できませんでした。

長期的にデータを取って開示しているサイトも無ければ自分が長期的にやってみた結果をまとめているようなサイトもありませんでした。

信憑性の高い情報を見つけることが出来ない以上は怪しいとは言えないと感じました。

FIT(フィット)を怪しいビジネスだと思ってる人は思い込みやイメージが先行している?

人はイメージや印象によって物事を判断することがあります。

顔が怖い人を見ると性格まで怖い、荒い人なのでは無いと思ってしまいます。

しかし、現実は違い腰が低く丁寧で優しい人というパターンはよくあります。

ネットビジネスに関しては過去にあった詐欺や怪しいビジネスに関する情報を見てしまうと他のビジネスまで怪しく感じてしまうという事があります。

前情報として頭にインプットしている情報から無意識に脳が判断しようとするからです。

それは一種の防衛本能にも繋がりますが、正しい判断ではない場合もあるので慎重に判断しましょう。

特にネットビジネスの場合は否定的な意見を持つ人も多いです。

仕組みや内容を知らないと「そんな都合のいいビジネスは怪しい!」というような感情になり、見るものすべてが怪しく感じてしまいます。

そうなるとせっかくのチャンスも逃してしまうでしょう。

そうならないためには疑う必要があります。

「ネットで怪しいと書かれていたが本当なのか?どこが怪しいのか決定的な証拠や根拠はあるのか?」といように疑問を持ちましょう。

これによって自分で調べる癖をつけることが出来るので怪しいビジネスに引っかかる確率はグッと下がると思います。

是非試してみてください。

FIT(フィット)は怪しいビジネスに共通するような点も見当たらない?

FIT(フィット)に関しては怪しい点は見当たらないという説明をしましたが、その根拠は他にもあります。

ネットビジネスにはどうしても怪しいビジネスは存在しますが、そういったビジネスには特徴があるんです。

全てがそうというわけでは無いですが、以下の特徴に当てはまるビジネスは怪しいと考えた方が良いでしょう。

  • 誇大広告がある
  • ネットに良い評判、悪い評判どちらか一方しかない
  • 特商法が無い

こういったビジネスは怪しいので始める際には注意が必要です。

どれもネットで怪しいと言われているビジネスの特徴になるので参考にしてみてください。

ちなみにFIT(フィット)については上記のような特徴には当てはまっていないと思いますので安心して良いのではないでしょうか。

FIT(フィット)に誇大広告は無い?!

まずはFIT(フィット)に誇大広告があるのかないのかという点について見てきましょう。

公式ページを確認してみましたが、FIT(フィット)は誇大広告というものは無いように感じます。

過度な表現も無いと思いますし、現実的なラインの話をしているのではないでしょうか。

誇大広告というのは「寝ている間に稼げる!」「何もしなくても明日には億万長者!」というような現実的に不可能だと思うようなライン、もしくは実現不可能だと感じるレベルの表現が無い限りは誇大広告にはならないと思います。

FIT(フィット)についても誇大広告と思わしき表現をしているような場面は無いと感じますし、実現できないような内容は書かれていないと思いますので問題はないでしょう。

誇大広告がどういったものなのか、どんな表現が該当するのか考えればすぐに分かると思います。

安心してFIT(フィット)に挑戦して良いのではないでしょうか。